投資マンションを選ぶコツ|高収入を得るには

どのような内容の会社か

マネー

保証会社のしくみなど

賃貸物件を借りる時には必ず保証人が必要ですが、現在は高齢化している事もあって身内に保証人を頼める人がいないという人が増えています。そんな人のために賃貸保証会社では、賃貸保証会社と契約をして決まった手数料を払えば賃貸物件を借りる事が可能になります。手数料を払うので家賃にプラスアルファが発生するので割高にはなりますが、保証人を立てられない人にとってはありがたい制度ではないでしょうか。この賃貸保証会社のシステムでは家賃の不払いがあると、賃貸保証会社が部屋のオーナーに家賃を一時的に立替えますが、入居者は保証会社に請求されるので後でも必ず支払うようになります。しかし手数料を払えば誰でも賃貸保証会社と契約が出来るかといえば、そうではなく、保証会社の審査によって決まります。以前に家賃やカードの不払いなどがないか、勤続年数、住みたい部屋の家賃が給料と比較して高すぎないことなどが審査されるようです。色々な理由から賃貸保証会社の審査が通らないという人も中にはいます。審査に落ちてしまったという場合でも、家賃が高めだったら給料に見合った家賃の部屋を選んだり、他の賃貸保証会社と契約している不動産会社で試すなど、諦めずに再チャレンジしてみることをお勧めします。賃貸保証会社はオーナー側としても家賃を必ず払って貰えるという安心感がありますし、入居者は保証人なしでも部屋を借りられるので、どちらにもメリットのある契約です。オーナーにとっては家賃滞納者が現れても、家賃収入が保証されるので生活を安定させることができるでしょう。