投資マンションを選ぶコツ|高収入を得るには

どのような内容の会社か

部屋を借りるのに保証人がいないという人は、賃貸保証会社と契約すれば賃貸物件を借りる事が可能です。保証会社のシステムはオーナーにも入居者にもメリットがあるので普及している方法ですが、審査に通ってからの契約になります。またオーナーは家賃収入が安定するでしょう。

賃貸経営のコツ

マンション

日常的な管理サービスに加えて、有益な助言をしてくれる業者に注目するのが、良いマンション管理会社を見つけるコツです。コスト削減に役立つ業者を選ぶ方法もありますが、オーナー向けの手厚いサービスで定評のある優良業者も魅力的です。

ラクして不動産投資

積み木

楽して不動産投資を行う方法にサブリースがあります。サブリースは転貸借契約であり、収益の有無に限らず、利益を上げることができます。しかし二年ごとの更新時期に減額されるケースも多くなっているため、注意が必要になります。

マンションの選び方

集合住宅

マンション規制を賢く利用

投資マンションを選ぶのであれば東京が一番です。地方都市は人口が流出しており年々人口減少に悩まされています。しかし東京は逆に人口が多くなっている事もあり、単身世帯を中心に今後もマンションの需要が非常に高いエリアなのです。そのため、投資マンションを購入するのであれば、東京がおすすめとなります。しかし需要が多くなることに連れて供給量も同時に伸びています。相続税対策にも適しているため、マンション建設は東京中心に多くなっているのです。そのため、マンション選びを間違えると不動産投資に失敗する可能性が高くなることに注意しなければなりません。投資マンションを購入する時には、新築マンションを中心に購入するのが一般的です。長期的に不動産投資を行う事を考慮すれば、マンションの築年数は新しいほどメリットが大きくなるのです。しかし築年数が経過するとともに、徐々に難しくなるのが空室のリスク対策となります。常に需要があり続けることができるマンションを選ぶことが最も大事なポイントになるのです。東京都心では、マンション規制がかかっているエリアが多くなっています。マンション規制とは、これ以上マンションの建設ができないエリアの事です。大都市の中心部を中心にこの規制が敷かれており、新しいマンションが参入できないため、需要が一定期間継続する事が期待できるのです。投資マンションを購入する場合、マンション規制が敷かれているエリアの中古物件を選ぶことも方法になります。